周辺観光

藤崎町周辺観光

普通列車でいく!五能線津軽平野をめぐる旅

JR五能線を走るリゾートしらかみが有名ですが、残念ながら藤崎町には停車しません。ですが、JR五能線の普通列車に乗って、津軽平野周辺を観光してみませんか?

弘前駅(弘前市)

弘前公園
弘前公園

桜の名所として知られる弘前公園。春に行われる「弘前さくらまつり」には毎年200万人を超える見物客が訪れるほど。園内には、築城400年を越える弘前城天守が鎮座し、2015年(平成27年)には本丸の石垣修理工事のため、天守の曳屋工事も行われました。2016年(平成28年)の春からは、天守と桜と岩木山の風景を見る事ができます。本丸内部の仮天守台に移動した弘前城天守は、2021年に元の位置に戻る予定です。

所在地 青森県弘前市下白銀町1
お問い合わせ先 0172-33-8739(弘前市公園緑地課)
入園自由(本丸・北の郭は4月1日~11月23日の期間中、有料区域となります)
アクセス JR弘前駅よりバスで約20分、車で約10分

普通列車19分

藤崎駅(藤崎町)

普通列車3分

林崎駅(藤崎町)

普通列車4分

板柳駅(板柳町)

板柳町ふるさとセンター
板柳町ふるさとセンター

世界250種約800本のりんごを栽培する品種見本園や資料室、加工場などを見学でき、10月~11月中旬までは、りんごもぎ体験も行っています。レストランでの食事や、お土産ショップもあり、りんごの魅力が堪能できる施設です。温泉、宿泊施設も併設されています。

所在地 青森県北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6
お問い合わせ先 0172-72-1500
休館日 12月29日~1月3日
(施設によって異なる。温泉・宿泊コテージは無休)
アクセス JR板柳駅より徒歩約15分
ホームページ 板柳町ふるさとセンター

普通列車9分

陸奥鶴田駅(鶴田町)

鶴の舞橋
鶴の舞橋

津軽富士見湖にかかる鶴の舞橋は、全長300mで総ひば造りの木造橋としては長さ日本一を誇っています。岩木山の雄大な山影を映す津軽富士見湖と、その湖面にかかる鶴の舞橋の光景は、まさしく絶景。隣接する丹頂鶴自然公園では、本物の鶴に出会うことができます。

所在地 青森県北津軽郡鶴田町廻堰大沢81-150
お問い合わせ先 0173-22-2111(鶴田町産業観光課)
アクセス JR陸奥鶴田駅より車で約15分
ホームページ 鶴田町観光ウェブマガジン メデタイ・ツルタ

普通列車7分

五所川原駅(五所川原市)

立佞武多の館
立佞武多の館

毎年8月に行われている五所川原立佞武多の祭りを、一年中体験できる施設です。館内には、高さ約23m、重さ約19トンの「立佞武多」が展示されており、その迫力を間近で見ることができます。祭りの様子を映したスクリーン上映や、4月中旬~6月中旬にはねぷたの製作作業を見学できるほか、ねぷたの紙貼りや色付けといった製作体験も行っています。

所在地 青森県五所川原市大町21-1
営業時間 0173-38-3232
お問い合わせ先 9:00~19:00 (10月~3月は9:00~17:00)
休館日 1月1日(但し、営業の場合有。要お問合せ)
入館料 大人 600円、高校生 450円、小・中学生 250円
アクセス JR五所川原駅より徒歩5分
ホームページ 立佞武多の館
五能線周辺観光

おすすめコンテンツ

ふるさと応援大使 梅沢富美男
ふじさき検定 ご当地検定「ふじ」りんご発祥の地
まち歩き藤崎町フォトギャラリー

ガイドブックにはないディープな藤崎町の物語。ただいま全4話掲載中。

藤崎町は意外なものに出会える町。のどかな田園風景の中を少し歩くと「こんなのあったんだ!」と驚くものが見えてきます。そんな4つのミニトリップ・ストーリー!

みんなでわいわい 畑銀座 常盤ストレート 狛犬 水路沿いの道と遊歩道
ページ上部へ戻る
青森県藤崎町役場

青森県藤崎町役場
〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田一丁目1番地
TEL:0172-75-3111(代表)

© 2016 fujisaki-kanko. All Rights Reserved.