藤崎町について

藤崎町の風景

藤崎町は、青森県津軽平野のほぼ中央に位置し、東は青森市・黒石市、西は弘前市、北は板柳町、南は田舎館村に接しています。町中心部から県都青森市まで約25キロメートル、弘前市まで約9キロメートルの距離にあります。総面積は37.29平方キロメートルで、町域には山岳・原野がなく、地質は第4紀沖積層に属する、農業に適した肥沃な土壌に恵まれています。気候は、津軽平野の中では比較的温暖で、水と緑に囲まれた豊かな自然が四季折々に彩りを添えるなど、変化に富んでいます。
藤崎町は、旧藤崎町と旧常盤村が2005年(平成17年)3月28日に対等合併して、県内最小面積の「町」として誕生しました。新たな町では恵まれた立地条件を活かし、それぞれの町村が取り組んできたまちづくりの成果を引き継ぎ、今後さらに発展・飛躍するため、新しいまちづくりを推進しています。

地名の由来

藤崎町 地名の由来

「藤崎」という地名は、平安時代初めころの伝説が始まりではないかと言われています。
もともとは「沼洲村(ぬますむら)」と呼ばれており、早くから蝦夷などの先住民族が住み開拓されていました。所々に湖や沼があり、そのあたりは深い林で、魚や貝、水鳥が多く住み、西側を大きな川が流れて肥えた土地に恵まれていました。
桓武(かんむ)天皇時代の793年(延暦12年)、京都から坂上田村麻呂という武将が、貢物をしない蝦夷地の人たちを京都の中央政府に従わせようと、たくさんの軍勢を引き連れて遠征してきました。いわゆる「蝦夷討伐」です。

藤崎町 地名の由来 鹿嶋神社

田村麻呂は蝦夷の頭領であった高丸を討ち取り、兵を率いて当時の沼洲村に着きました。雁泊(がんどまり)という所のほとりにくると、高丸の悪霊が水底に現れ、田村麻呂に復讐しようとしました。田村麻呂は剣をぬいて切り払い悪霊を退治し、このことを記念して神社を建てることにしました。そして、近くの深い林に分け入り、持っていた藤の鞭(むち)を地面に突き立て、その目印にしました。後に、その藤の鞭から根が出て、やがて見事な薄紫の花を咲かせるようになりました。そこには毎年美しい花が雲のように咲くため、付近を「藤の咲く里“藤咲村”」と呼ぶようになり、そして「咲」の字が後に「先」と変化し、やがて現在の「崎」の字が使われるようになり「藤崎」となったと言われています。
このようにして建てられた神社が現在の鹿嶋神社となっています。

町の花・木・鳥

2015年(平成27年)3月28日制定

町の花 藤

藤崎町の花 藤

町の木 りんご「ふじ」

藤崎町の木 りんご「ふじ」

町の鳥 白鳥

藤崎町の鳥 白鳥

町章

藤崎町 町章

旧藤崎町のふじのりんごと白鳥、旧常盤村の稲穂をシンボライズ。
町章の赤は、りんごとこれから新しい町としての町民の情熱を表現し、黄色は、稲穂と平和への願いを表現し、また藤色は、白鳥の高貴なイメージと誇り高い町をイメージしています。
町章は、デザイン公募120点の中から、青森市在住の石澤さんのデザインが選定されました。

藤崎町民憲章

私たちは、津軽平野の中央に居住し、霊峰岩木山を望み、自然の恵み豊かなまちに育てられた藤崎町民です。
郷土に誇りを持ち、「みんなで創る 心豊かな 優しいまち」の実現をめざし、藤崎町の限りない発展に願いをこめて、この憲章を定めます。

  1. 私たちは、緑や水や土を大切にし、美しいまちをつくります。
  2. 私たちは、すこやかな心と体をはぐくみ、元気なまちをつくります。
  3. 私たちは、働ける喜びと誇りを持ち、未来につなげる豊かなまちをつくります。
  4. 私たちは、きまりを守り、家族や隣人を愛し、明るいまちをつくります。
  5. 私たちは、歴史と伝統を大切にし、常に学び、文化の香り高いまちをつくります。

平成19年12月5日制定

私たちは、この憲章を道しるべとして、豊かなまちづくりに、たくましく前進します。そして、このまちを愛します。

マスコットキャラクター

ふじ丸くん

藤崎町マスコットキャラクター ふじ丸くん

お誕生日 2012年7月1日
好きなもの 藤崎町のおいしいもの全部
特徴 羽根が生えていること(でも飛べない)
将来の夢 友達をたくさんつくること

ジャン坊くん

藤崎町マスコットキャラクター ジャン坊くん

お誕生日 2012年7月1日
好きなもの ツナマヨ(ジャン坊くんには具が入っていないから)
特徴 湯気が出ていること(体の周りから飛び出している)
将来の夢 「藤崎町長に、オレはなる!」

おすすめコンテンツ

ふるさと応援大使 梅沢富美男
「ふじ」りんご発祥の地
まち歩き藤崎町フォトギャラリー

ガイドブックにはないディープな藤崎町の物語。ただいま全4話掲載中。

藤崎町は意外なものに出会える町。のどかな田園風景の中を少し歩くと「こんなのあったんだ!」と驚くものが見えてきます。そんな4つのミニトリップ・ストーリー!

みんなでわいわい 畑銀座 常盤ストレート 狛犬 水路沿いの道と遊歩道
ページ上部へ戻る
藤崎町 青森県藤崎町幻の中華そば ご当地グルメ「アンペそば」 ふじさき産品 藤崎町子育て支援 ふじさき食彩テラス
青森県藤崎町役場

青森県藤崎町役場
〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田一丁目1番地
TEL:0172-75-3111(代表)

© 2016 fujisaki-kanko. All Rights Reserved.