鷹待場跡

鷹待場跡

鷹待場跡は、江戸時代に鷹狩用の鷹を捕らえるための場所でした。
津軽は鷹の名産地として全国に知られ、津軽藩は鷹狩用に調教した鷹を幕府の要人たちなどに献上することを年中行事にするようになりました。津軽藩の領内で城下にも近く、平川や岩木川が合流する一帯・真那板付近の原生林を鷹待場に指定し、一切の開発を禁止しました。
面積は平川と岩木川本流の合流点を中心に、100ヘクタール以上にもなります。その場所は、明治維新まで、城下や村落に近い極めて肥沃な川原地の手付かずの原生林という特殊な状態のままでした。
明治に入り原生林の大木が切り払われた後、農民の手に渡りました。藍や野菜類、リンゴなど畑作園芸が盛んにつくられ、現在は一面のリンゴ園になっています。鷹待場の存在は、藤崎の近代農業の上で極めて重要であったといえます。

鷹待場跡

住所 藤崎町大字藤崎字郷土川原
アクセス JR五能線「藤崎駅」より車で20分

おすすめコンテンツ

ふるさと応援大使 梅沢富美男
「ふじ」りんご発祥の地
まち歩き藤崎町フォトギャラリー

ガイドブックにはないディープな藤崎町の物語。ただいま全4話掲載中。

藤崎町は意外なものに出会える町。のどかな田園風景の中を少し歩くと「こんなのあったんだ!」と驚くものが見えてきます。そんな4つのミニトリップ・ストーリー!

みんなでわいわい 畑銀座 常盤ストレート 狛犬 水路沿いの道と遊歩道
ページ上部へ戻る
藤崎町 青森県藤崎町幻の中華そば ご当地グルメ「アンペそば」 ふじさき産品 藤崎町子育て支援 ふじさき食彩テラス
青森県藤崎町役場

青森県藤崎町役場
〒038-3803 青森県南津軽郡藤崎町大字西豊田一丁目1番地
TEL:0172-75-3111(代表)

© 2016 fujisaki-kanko. All Rights Reserved.